天然酵母を使ったパウンドケーキの作り方とレシピ2 酵母液編

天然酵母でパウンドケーキを作ってみました。
続いて、酵母液をそのまま使った、ストレート法でのケーキのレシピをご紹介します。

中種から作る方法はこちら
>>天然酵母でパウンドケーキを作ってみました。レシピと作り方

スポンサーリンク

天然酵母を使ったパウンドケーキのレシピと作り方

天然酵母を使って発酵させたケーキの作り方です。

酵母液を使った方法は、中種を使って作るよりも発酵に時間がかかりますが、酵母液の風味がそのまま残りやすいのが特徴です。

天然酵母でパウンドケーキ ストレート法

酵母液を使ったストレート法でパウンドケーキの作り方です。

天然酵母液を使ったパウンドケーキ 材料
(100均で買った小さ目のパウンドケーキ型1つ分)

※すべての材料は予め冷蔵庫から出して常温にしておきます。

  • 酵母液 60g
  • 強力粉 60g
  • 薄力粉 60g
  • バター 50g
  • 砂糖 60g
  • 卵 1個
  • 豆乳 20g
スポンサーリンク

自家製酵母液パウンドケーキ 作り方

1、柔らかくなったバターと砂糖を、泡だて器で混ぜ合わせます。
2、卵を入れてさらに混ぜ、豆乳と酵母液を入れてよく混ぜます。
3、振るった粉を入れて、ヘラで混ぜ合わせます。
ドライフルーツやナッツなどオプションを入れる場合はこの時に一緒に混ぜ合わせます。

4、クッキングシートを敷くか、バターまたは油を薄く塗った型に生地を入れます。

5、発酵させます。
酵母液から作った場合、発酵時間がかなり掛かります。
発酵時間は酵母の強さや気温によって大きく変わってきますが、常温で12時間~24時間を目安にします。

生地が、最初の倍くらいまで膨らんでいたらOKでしょう。

6、予熱したオーブン180度で40分から50分焼きます。
表面が焦げ付きそうなら、上からアルミホイルを被せます。

今回は、焼いてからはあまり膨らみませんでした。
真ん中に切れ目を入れたのですが、パックリ割れてない=膨らんでいないのが分かります。

7、竹串を刺して、生の生地が付いてこなければ完成です。
型から出して冷まします。

ケーキとパンの間、という感じでしょうか。

たまたまかも知れませんが、生地に潰したバナナを入れると発酵が早かったです。(写真のものは入っていません。)
バナナブレッドとバナナケーキの間のような仕上がりです。

天然酵母でパンケーキも作れます!
>>天然酵母でパンケーキのレシピ。卵なしやストレート法でも作れます

天然酵母を使ったパウンドケーキの作り方とレシピ まとめ

ベーキングパウダーを使わずに、天然酵母の力で膨らませるので、素材の味や香りがより分かりやすく、食べ応えのあるケーキになります。

また、ベーキングパウダーを使った時独特のパサパサ感が出ないのが気に入っています。

天然酵母でパンケーキのレシピ。卵なしやストレート法でも作れます
自家製天然酵母液や自家製の天然酵母元種ができたら、それでパンケーキを焼いてみませんか? 通常ならベーキングパウダーで膨らませるパンケーキですが、天然酵母で発酵させることで、もっちりふわふわのパンケーキに仕上がります。 もちろん、昔ながらの分厚いホットケーキも作れます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました